menu

AIロボティクス

AI×ロボティクス
〜常に新しいものに挑戦する〜

これからの時代に欠かせない、
AI✕ロボティクスの
製造にも力を入れています。

アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるシリコンバレー周辺には、たくさんのスタートアップ企業が集積しています。その中でも、アジア展開を視野に入れている企業とともに、様々なプロジェクトが進行中。竜製作所の技術力は世界のロボティクス業界で認められ、米国スタートアップ企業の今後のアジア展開を製造の面で竜製作所がサポート。今後もAIロボティクス業界の製造分野において積極的に展開していく予定です。

アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるシリコンバレー周辺には、たくさんのスタートアップ企業が集積しています。その中でも、アジア展開を視野に入れている企業とともに、様々なプロジェクトが進行中。

竜製作所の技術力は世界のロボティクス業界で認められ、米国スタートアップ企業の今後のアジア展開を製造の面で竜製作所がサポート。今後もAIロボティクス業界の製造分野において積極的に展開していく予定です。

導入実績

“米コロナテック企業”開発の倉庫内自動走行ロボット

インビアロボティクス社
2020年6月24日、inVia Robotics Inc(アメリカ・ロサンゼルス)と株式会社竜製作所は業務提携契約を締結いたしました。
これにより、竜製作所は本格的にinVia社開発のPicker robotsの日本国内販売、そして製造を担うことを開始。すでに日本国内で稼働しています。

◆inVia Roboticsについて

  • inVia Roboticsは、アメリカ・ロサンゼルス郊外を拠点とする、次世代の倉庫自動化ソリューションを提供する企業です。モバイルロボットと人工知能(AI)を兼ね揃えたソフトウェアを使用して、増え続けるEコマースビジネスに対応し、倉庫内の製品をより効率的に動かすことができます。倉庫内作業の生産性と精度が劇的に向上し、労務管理を最小限に抑えることが可能です。従来大きなコストがかかっていた‟自動化"とは違い、わずかなコストで始めることができます。

  • 正確性

    ロボットが対象商品の箱、そのものをピッキングしてくるので、99.9%の正確率を実現し、倉庫全体の精度を向上。

    効率化

    AI搭載のソフトウエアで、出荷数に合わせて在庫の配置を最適化。より効率的なワークフローを構築 。非効率でコストのかかる人の倉庫内歩行の削減。

    生産性

    ロボットの24時間365日稼働体制により、世の中の動きに合わせて、Eコマースなどの需要の増減に柔軟に対応可能。

◆AIロボティクス ショールーム

  • 名古屋市緑区にある当社ショールームにて、ロボットが実際に稼働している様子を再現しております。
    実際の環境デモンストレーションをご覧いただきながら、ロボットの説明をさせていただきます。
    ご興味ある方は、ぜひ下記問い合わせ先までお気軽にご連絡くださいませ。見学のご予約・お問合せをお待ちしております。

  • AIロボティクス ショールーム

    ▶住所
    〒458-0801
    名古屋市緑区鳴海町京田142
    ※建屋向かって右側の倉庫です(看板が目印です)

    ▶見学予約・問い合わせ先
    下記までご連絡くださいませ。
    TEL 070-8504-2041(細山) or 070-8508-2736(陶)
    E-Mail hosoyama@ryuuss.com or tou@ryuuss.com

    随時見学会受付中!

テレビ愛知『5時スタ』2021年4月30日放送分

AIロボティクスショールーム紹介
 東海テレビ『ニュースOne』2021年4月21日放送分

inVia Robotics 紹介動画

inVia Robotics Inc×株式会社竜製作所 業務提携 記者発表会

inVia Robotics 紹介記事

  • ●2020.10.9 日刊工業新聞 朝刊

  • ●物流専門誌:MATERIAL FLOW 9月号

  • ●2020.8.24 物流Weekly

  • ●2020.8.11 物流ニッポン

  • ●2020.8.10 日刊工業新聞 朝刊

  • ●2020.8.6 中部経済新聞 朝刊

タイアップ実績

Marble社
Marble社が開発した日本初上陸の運搬ロボットの実証実験@東京丸の内・立命館大学も竜製作所がアテンドしました。(2019年5月)
運搬ロボットによる次世代の物流の可能性を感じるプロジェクトです。

WEBメディアでの掲載情報
https://robotstart.info/2019/05/17/mec-marble-robot.html

立命館大学@草津キャンパスでの実証実験